ご父母だけに教えちゃいます

  • 「塾っていつ頃から通い始めたら良いのかしら?」
    • <中1生のお母さま>
    うちの子は中1だけど、塾へは一度も通ったことがない。聞けば「学校の授業は理解しているから大丈夫、塾へ行かなくても平気」と。でも、この前のテストの点数は良くなかった。テスト前も やるのはワークだけ。勉強の仕方が分かってないと思う。お友達のお母さんは「中1は学習内容が簡単だからまだ塾へ通わなくても大丈夫よ」と言う。中1のうちは塾へ通わなくても大丈夫なのかしら...?
  • <中2生のお母さま>
  • うちの子は中2です。中1の時に個別指導の塾へ通っていました。だけど点数や成績は全然良くならなかったので、退塾して今はどこの塾にも通っていない。じゃあ 自分でがんばるかと思えば、昼間は部活、帰ってくればスマホばっかり。家では全く勉強していない。テストの点数は下がる一方。本人は「3年生になったらがんばるよ」と言うが、3年生になってからでは遅いと思うんだけど...。
  • ↓<お答えします>↓
  • まずはじめに、今年 教科書が改訂になりました。中でも大きく変わった教科が英語です。昨年までの内容よりも格段に難しくなりました。まだ中1生や中2生ですと「何が要点なのか」「どうやって勉強したらよいか」が分からずにいるかもしれません。理解不足のままにして途中で「英語が全く分からなくなっちゃった」となっては困ります。英語は中1,中2の基本が大切です。その基本を受験生になるまでにしっかりと身につけておく必要があります。
  • 次に 高校入試においても中1,中2の成績はとても重要です。特に公立入試では、中1~中3の成績(調査書)と入試当日のテストの点数の総合判定で合否が決まります。理創塾の卒業生の中に、中1,中2の成績が影響して残念ながら公立高校が不合格だった生徒がいました。「中3になったらがんばる」では遅いかもしれません。中1,中2の時に基礎学力をしっかりとつけておくことで中3の時に学力が伸びるのです。生徒の多くがこの事に気づいていませんからね。
  • そこで 中1生,中2生のご父母のために「簡単、5分の会話ですぐわかる、お子さま理解度チェック」を作りました。細かい部分までとはいきませんが、お子さまが基本をしっかりと理解できているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。下にある(お母さま)のセリフを実際にお子さまに問いかけてあげてください。(お子さま)の返答が正しく返ってくるかどうかをチェックしてみましょう。それでは、どうぞ。
  •  5分の会話ですぐわかる、お子さま理解度チェック 中1英語(1学期復習編)
  • (お母さま) ... ねぇねぇ、「私はケンです」って英語で言ってみて。
  • (お子さま)... 簡単! I'm Ken.
  • (お母さま) ... じゃあ、「私は埼玉に住んでいます」って英語で言ってみて。
  • (お子さま) ... それは、I live in Saitama. だね。
  • (お母さま) ... 第3問。「私は東京出身ではありません」はどう言うの?
  • (お子さま) ... 「ありません」だから、I'm not from Tokyo. だと思う。
  • (お母さま) ... 第4問です。「私は英語が好きではありません」を言ってください。
  • (お子さま) ... えーっと... I don't like English. でしょ。
  • (お母さま) ... 次いくよ。「あなたは埼玉出身ですか?」を英語で。
  • (お子さま) ... 疑問文だから... Are you from Saitama? だと思う。
  • (お母さま) ... ではその答えで、「はい、そうです」は?
  • (お子さま) ... それは簡単。Yes, I am. です。
  • (お母さま) ... 第7問。「あなたは東京に住んでいますか」と言ってみてください。
  • (お子さま) ... えーーっと、Do you live in Tokyo? かな...。
  • (お母さま) ... その答え、「いいえ、住んでいません」は?
  • (お子さま) ... 「いいえ」だから... No, I don't. です。
  • (お母さま) ... 最後の問題。「あなたはどこに住んでいますか?」を言ってください。
  • (お子さま) ... 「どこ」だから... Where do you live? でしょ。たぶん...。
  •  5分の会話ですぐわかる、お子さま理解度チェック 中2英語(1学期復習編)
  • (お母さま) ... ねぇねぇ、英語で未来形の言い方を知ってる?
  • (お子さま)... うん、知ってるよ。
  • (お母さま) ... じゃあ、「私は明日図書館へ行こうと思います(行くつもりです)」を2通りの言い方で言ってみて。
  • (お子さま) ... 1つ目が、I will go to the library tomorrow. 2つ目が、I'm going to go to the library tomorrow. だね。
  • (お母さま) ... じゃあ、「由美は今日、母を手伝わなければなりません」も、2通りの言い方で言える?
  • (お子さま) ... 「しなければならない」だから、Yumi must help her mother today. でしょ。もう一つは、Yumi has to help her mother today. かな。
  • (お母さま) ... 第3問。must not と don't have to は意味が違います。どう違うか知ってる?
  • (お子さま) ... えーっと... must not が「~してはいけない」で、don't have to が「~する必要はない(しなくても良い)」だったと思う。
  • (お母さま) ... 次いくよ。「私は今テレビを見たいです」って英語で言ってみて?
  • (お子さま) ... 「見たい」だから... I want to watch TV now. だね。
  • (お母さま) ... 次はちょっと難しいよ。「私は英語を勉強するために図書館へ行きました」は?
  • (お子さま) ... えーっと、I went to the library to study English. です。
  • (お母さま) ... では最後の問題です。「あなたはテレビを見ることが好きですか」を2通りの言い方で言ってみてください。
  • (お子さま) ... また2通り...。まず、Do you like to watch TV ? でしょ。もう一つが、Do you like watching TV ? だと思う。
  •  結果発表です
  • ・いかがでしたか。これらの内容は基本的なものだけですので 完全ではありません。これらの結果をふまえて「いつ頃に塾を始めたらよいのか」の目安として次のようなポイントが挙げられます
  • (1) いま一歩、正しい答えが言えなかった
  • (2) 分からなーい、知らなーい、忘れたー、が多かった
  • (3) 反抗期で、私の言うことは聞かない
  • ・まず、(1)(2)に当てはまる場合は、1学期の基本内容が身に付いていないかもしれませんので塾などの学習環境が必要ですね。(3)の場合も、勉強のことはご家族よりも塾の先生にまかせた方が良いかもしれませんね。
  • ・それ以外にも、「テストの点数がガクッと下がった」や「学校の授業が分からなくなってきた」場合も塾を始めるタイミングとして挙げられます。とくに「テストの点数がガクッと下がる」時期ですが、各学年で特徴があります。中1生は2学期の後半から3学期に下がるケースが多いです。中2生は夏休み明けの2学期に下がるケースが多いです。このタイミングを逃してしまうと あとになってから点数を上げるのは大変になります。ですから この時期の中間期末テストの点数をご父母が注視した方が良いと思います。ご参考にしてみてください。